グッバイ、サマー/おとなになっても忘れないで

グッバイ、サマー

グッバイ、サマーMicrobe et Gasoil/監督:ミシェル・ゴンドリー/2015年/フランス


ミシェル・ゴンドリーの自伝的青春映画


新宿シネマカリテ C-11で鑑賞。

グッバイ、サマーあらすじ:少年二人が旅に出ます。

14歳の少年ダニエル(アンジュ・ダルジャン)は、転校生テオ(テオフィル・バケ)と一緒にスクラップを集めて作ったクルマでフランスを旅します。

ネタバレしています。注意書きはしていません。
おすすめ
ポイント
少年の友情ものが好きな人には黙ってスッと差し出したい!
鬱屈した毎日から逃れ、新しい世界へ旅立ちたいという思いは誰にでもある。おとなになってしまうと、そんなに冒険もできない。後先を考えてしまうからだ。大人と子供の境目である14歳は、冒険にもちょうどいい年齢なのだろう。二人が作ったクルマは、ログハウスの形をしている。ふたりきりで過ごす「家」の中。なかなか寝付けないダニエルに、テオが優しく話しかける。テオもまだ子供なのだが、おそらく置かれてきた家庭環境のせいだろう、少し大人びて見える。

作文の宿題では、個性がどこから生まれるかを書かされていた。テオはすぐに書き上げるが、ダニエルは出来ない。テオが代筆し書き上げた作文は良い点をもらう。テオがダニエルのことをかなり理解しているのだと言える。テオは「自立している奴だけを選ぶ」と言う。ダニエルは自分の個性がどこにあるのかがわからず、人に流されやすいことを悩んでいる。自立心という意味ではテオの好む人間ではないように見える。それでもテオが彼に惹かれたのは、ダニエルが、自分にはない特技(絵を描くこと)を持っているからだろうと思う。それだけではないのかもしれないが、テオがダニエルの絵を高く評価していることはよくわかる。絵の展覧会でのテオの行動は、この映画の中でも特に印象的だ。

ふたりの旅は、過ぎていく一瞬のきらめきを残す。いつまでも子供でいる人もいない。青春映画に常に「成長」を求めるのも間違っているように思う。でもこの映画も成長するんだよね。それがテーマとして描かれやすい理由ってなんだろう。成長したいという願いがあるからか。大人になっても、まだ先があると思いたいからだろうか。『グッバイ、サマー』を、少年の成長物語だと断じて終わらせるわけにはいかない、何かが、私の中にある。たしかに彼らは成長した。二人の旅は、夢の世界の出来事のようだ。夢は、いつか覚める。

順調と思えた旅にピンチが訪れる。そこで初めてテオがダニエルに対して声を荒らげる。お前は自分のことしか考えていない、俺に一度でも質問したことがあるか?と。テオもまたダニエルに「わかってほしい」と思っていたのだ。親友というのは依存関係では成り立たない。

ラスト。テオは父親の言いつけでまた転校することになる。過ぎ去ったあの思い出を残しつつ、ダニエルは大人になっていく。ミシェル・ゴンドリーは実際には旅をしていないらしい。これはミシェル・ゴンドリーが自分の14歳を再構築しようとした作品なのではないか。得られなかった夏の思い出を。果たせなかった思いを。もうおとなになってしまった寂しさを、乗り越えるために。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。フランス映画、原題:Microbe et Gasoil、英題:Microbe and Gasoline。ミシェル・ゴンドリー監督。アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、ディアーヌ・ベニエ、オドレイ・トト ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/09/15 9:50 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM