LUCY/ルーシー/それは「あなた」でも構わない

LUCY/ルーシー

LUCY/ルーシーLUCY/監督:リュック・ベッソン/2014年/フランス


世界の仕組みも宇宙の仕組みも、ぜんぶわかっちゃったあああ!\パカーン/


新宿ミラノ座スクリーン1、7-20で鑑賞。予告は少し見ていました。「人間は脳の10%くらいしか使ってない、それが100%使えたら、さあどうなるでしょう! きっとすごいよ!」ていう中学生レベルの妄想ね、期待して行きました。そうしたら、期待以上に中学生全開だったのでたいへん満足です。すごいアホだ!

LUCY/ルーシー

あらすじ:謎の薬で頭がパカーンてなります。

ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は成り行きでマフィア(チェ・ミンシク)に会ったんだけど、とっ捕まってお腹に変な薬入れられて強くなります。

ネタバレしています。ネタバレ前には注意書きをしています。

写真見て改めて思ったのだが、ルーシーの服のセンス、最悪だね〜。


おすすめ
ポイント
ドラッグ映画です。アクション爆破カーチェイス銃撃戦、全部あります。スカーレット・ヨハンソンが変な顔になったり恐竜見たり宇宙行ったりします。ヘンでしょ? 見たくなるでしょ?
LUCY/ルーシー

映画の冒頭って、主人公がどういう人なのかを説明する部分があったりするんだけど、この映画、ルーシーの人となりに関してはもう、ほとんどわからない。

わかるのは、台北に住んでる学生、25歳、ルームシェアしてるっぽい、両親健在、ってことくらい。人格に関する描写もない。

だから、この映画の主人公は誰でもいいんです。わたしでもいいし、あなたでもいい。感情移入が出来るかという意味でもない。人間でさえあればいいの。


ルーシーがお母さんと電話するシーンがちょう面白くてさ。『わたしお母さんの母乳の味覚えてる。世界の仕組み全部わかった。お父さんお母さん愛してる』とか言うわけ。完全にラリった人の面倒くさい妄想電話なんだよ。情緒的な話じゃないんだよー。

モーガン・フリーマンは脳科学者で、いろいろ言ってます。言ってますけど、『この映画における脳味噌の扱い』について話しているだけで、実際は意味が無いため、まともに聞く必要がない! らくちん!

LUCY/ルーシー

チェ・ミンシクはまったく英語を話さないんです。

この映画、いろんな国籍の人が出てくるんですが(時代だな〜)、英語圏でない人は英語をほとんど話さない。わたし、それがすごくいいなあと思って。なんでいいのかは、うまく言語化できないんだけど。

韓国語で怒鳴ったりしてるところとか、日本語字幕なかったりするが、絵と雰囲気でなにが起きているのかはわかるから、必要ないと思います。見ていてわかれば問題ないじゃない?

あ、字幕はわたしの好きな松浦美奈さんです。


ルーシーはヤバい薬で超能力に目覚めてしまうので、最初の方はね、ヒーロー映画系なのかなって思ったんですね。同時に、冒頭からフッテージがすごく多くて、なんだろね、とも思っていました。

※以下ネタバレを含みます。

LUCY/ルーシー

フッテージの多さは最終的に「ツリー・オブ・ライフ」的なところに行って、宇宙は出てくるわ恐竜は出てくるわで、あっ、なるほどね、こうしたかったからかね、と思いました。

ラストは「her/世界でひとつの彼女」っぽくもあり、わたしが上半期ワーストに入れた「トランセンデンス」の成功版にも思える(あれもフッテージ多かったな…)。

ツリー・オブ・ライフ」はともかく、あとの2作品はおそらく撮影期間がかぶったりしているので意識はしていないでしょう。


そう、いろんな映画のエッセンスというかオマージュというか、『っぽいもの』がいーっぱい入ってると思うのですが、わたしはベッソンと比べたら赤ちゃんくらいに見ている映画の本数が少ないですから、『あれとあれとあれを混ぜてベッソン色に染めてみた』というのを具体的には言えません。「E.T.」「マトリックス」「2001年宇宙の旅」とかちょっとずつ?

とにかくベッソンが好きな物全部入れてみましたドーン! って。それでも、そこに嫌味がないように感じるんですよね。ベッソンの中学生マインドで混ぜ混ぜして、『神様、作ってみた! 神様が作れる僕こそが神!』って、ごめんわたしも自分が何を言っているのか、わかりません。わはは。面白かったです。

photo
LUCY/ルーシー [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-01-16

by G-Tools , 2014/10/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
脳100%使ってスカちゃん見たら何が見えるかな? 公式サイト。原題:Lucy。リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/09/03 4:04 PM
脳が100パーセント機能してしまったヒロインの戦いを描くアクション「LUCY/ルーシー」。人間離れしたス・ヨハを楽しむ映画。ごく平凡な女性ルーシーは、台北で、マフィアの闇取引 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/09/03 7:21 PM
人類の脳は、その能力の10%程度しか使われていない。もしそれが、100%使われるようになったら・・・。 脳が活性化していくのがルーシーと呼ばれる女性。この“ルーシー”と言う名前だが、地球上最初の人類(=女性)が『ルーシー』と呼ばれているのから名づけている様
  • 勝手に映画評
  • 2014/09/03 8:49 PM
観客の予測を裏切るのはエンターテイメント作品の使命、というなら、この結末を予想できた人はいなかったはずだ。 題名LUCY/ルーシー(LUCY) 監督・脚本リュック・ベッソン 出演スカーレット・ヨハンソン(ルーシー)、モーガン・フリーマン(ノーマン博士)、アムー
  • 窓の向こうに
  • 2014/09/10 8:08 PM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM