泣いた映画ベストテンを挙げてみるよ

映画を見て泣くことはありますか?私はしょっちゅうあります。泣きポイントというのは人それぞれで、自分が泣かなかった映画で他の人が号泣していたりすると、ほんと面白いなと思います。というわけで、私が泣いた映画ベストテンを挙げてみようかなと思います。あくまで私が泣いたというだけですので、他の人も泣けるかというとそれはわからない。普段ベストテンを出すときは1位から挙げていますが、今回は10位から挙げようと思います。文章そのものは、過去の感想から引っ張ってきて加筆修正しています。

10位

猿の惑星・征服Conquest of the Planet of the Apes/監督:J・リー・トンプソン/1972年/アメリカ


あらすじ:奴隷にされた猿たちが、革命を起こします。

『猿の惑星』シリーズ中、最も低予算だそうで。でもすごいおもしろいよ。これって、黒人奴隷、黒人解放運動の話なんだよね。人間の中でひとりだけ、猿に好意的な人物マクドナルド(ハリー・ローズ)がいるんだけれど、その人は黒人なんですよ。彼は人間に対するシーザーの暴力を見かねて、「奴隷の子孫である私から、慈悲を嘆願する」と言うんです。黒人がこういうセリフを言う、迫害されてきた奴隷が自由をつかむためとはいえ暴力を行使してはならないと言う。シーザーがマルコムX、マクドナルドはマーチン・ルーサー・キング牧師なんですね。マルコムXとキング牧師の決別の物語。向いている方向は同じなのに、どうしても分かり合えないというところに泣きます。

photo
猿の惑星・征服 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18

by G-Tools , 2017/11/24

映画公式サイトをいろいろ見てみたよ(仕事用です

映画の公式サイトって似たようなもの多いな〜と思い、いくつか新作から選んで比較してみることにしました。分析というほどではない。これは仕事用のエントリです。

アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章監督:北野武/2017年/日本



配給:ワーナー・ブラザース

HTML5で作成。独自ドメイン。情報量が多い。最近よくあるタイプの、開くとまず予告が流れるもの。
ソースはめちゃめちゃキレイ。最初にトップページを開くと、左側からツイートがびよんって出てきて、またびよんって消える。
ユーザーコメント拡散サービス「Buzzes!(バジズ)」を使っている。このようなサイトは他にもある。これから公開のものだと『キングスマン:ゴールデン・サークル』。画面下にツイートが流れているのがそれ。

振り分けでスマホ対応している。(http://outrage-movie.jp/sp/index.php

2017年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ

2017年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ


今年も半分が終わりました。早いものですね。
というわけで恒例の、上半期ベストを出していこうかと思います。基準としては、もう一度見たいかどうか、というところになります。見たければ上の方に来る。そうでもなければ下の方にいる。

ワイルド・スピード ICE BREAK
  1. ワイルド・スピード ICE BREAK

あらすじ:ドムが裏切る。
ワイルド・スピード』シリーズ公開年は、『ワイルド・スピード』が1位に来ると決まっています。これはワイスピシリーズが終わるまで続く決まりごとであり、揺らぎません。内容としては以前のシリーズの方が良かったと思うところもありますが、決まっているので1位死守、年間ベストもアイスブレイクで決まりです。

2016年に見た変わった映画を5本紹介するよ

今年は仕事が忙しすぎて映画をほとんど見ていません。『シン・ゴジラ』も『君の名は。』も『この世界の片隅に』も見ていません。というわけで、私が見た数少ない映画の中から「こりゃあ変な映画だったな〜」というものを紹介したいと思います。面白さとは関係ありません。変。あと、私は、変っぽい映画を好んで選んで見るということはしません。だから普通に見たら変だったっていう映画になってます。

エヴォリューション

エヴォリューション Evolution/監督:ルシール・アザリロビック/2015年/フランス


エコール』の監督の最新作。女性と少年だけが住む島で起きる謎の医療行為についてのお話。ルックはものすごく綺麗だが、話はよくわからない。監督は「よくわからなくていいんです」と言っている模様。正直とてもつまらなかったが、5回見たらハマりました。「GRIND」に、この映画についての原稿書きました。

オールタイム・ベストを10本(+α)挙げてみたよ

上半期ベストを出さなかったので、2016年7月現在における、オールタイム・ベストを挙げてみることにしました。

1位

オズの魔法使The Wizard of Oz/監督:ヴィクター・フレミング/1939年/アメリカ


あらすじ:竜巻で家が飛ばされた。
不動の一位、こればかりは順序が変わることはないでしょう。裏話が真っ黒なところもたまらない。心が折れるとマンチキンランドとティンマンを見て現実逃避しています。わたしがドロシーだったら家に帰りたいとは思わないだろうなあ。『オズ』も『ウィズ』も好きです。

photo
オズの魔法使 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-07-14

by G-Tools , 2016/07/12

おじいちゃん映画
記事検索

現在934件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM