エクソダス:神と王/神様! あまりにも容赦なさすぎます!

エクソダス:神と王

エクソダス:神と王Exodus:Gods and Kings/監督:リドリー・スコット/2014年/アメリカ


そしてリドリー・スコットの半端なさが遺憾なく発揮されております。


ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン3、I-16。2D字幕。

ポスター程度の情報しか入れておらず(監督も出演者も誰なのか知らなかった)、あまりにも仕事が忙しすぎるためスルー予定でしたが、なんとなくTwitterで「『エクソダス』見るか迷ってる」的なことを書いたところ、公式アカウントより「見に来てくれ」みたいなキャラ設定リプライを頂き、レイティングを聞いたところ「ジェネラルです」「血は出ますか」「出ます」とキャラ設定を捨ててくれたやりとりがありまして、じゃあ見るか、と軽い気持ちでチケット取ったあと160分もあることに気づき、わあ…となりつつですね、行きました。前置き長い。

エクソダス:神と王

あらすじ:人間が争ってて神様がドシャーンってやります。

モーゼ(クリスチャン・ベール)はラムセス(ジョエル・エドガートン)とモメて国を追放されたんだけど、神様見ちゃって奴隷解放に向かいました。

ネタバレしています。わたしはチャールトン・ヘストンの「十戒」を見ておらず、また宗教絡み、特に聖書に関しては幼少期の経験により回避しているため、基本的な話の内容は知らないんです。ざっくりと「モーゼは海を割った」程度は知っています。

ですから、一般的にこの物語についてどの程度の認知度なのかはわからないので、どこまで書いたらネタバレなのかも定かではないです。みなさん知ってるものとして書きます。前置き長い。


おすすめ
ポイント
ポスターや宣伝でちょっと損してると思います。IMAXで見れば良かったです。とにかく絵がすごい。おすすめです。

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/『ポール・ダメな方の・アンダーソン』って呼ばないで

The Three Musketeers/三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船The Three Musketeers/監督:ポール・W・S・アンダーソン/2011年/アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ


コスプレ娯楽アクション映画としては、かなりおもしろいほうだと思います。


ポール・ダメな方の・アンダーソンね、別にそんな壊滅的にヒドイっていうわけでもないのだが、天才の方のポール・トーマス・アンダーソンがいるせいで、どうもかわいそうなことになっているよね。これはもうさ、かわいそうだけれど、しょうがないよねー。おかげで(?)期待値そんなに高くないまま「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を見たら、これはね面白かったです。

The Three Musketeers/三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

あらすじ:ダルタニアンと三銃士が王妃の首飾りを取り戻すためにあれこれします。

わたし、「三銃士」ってどういう話なのかぜんぜん知らないのですよ。だから、アトス(マシュー・マクファディン)とポルトス(レイ・スティーヴンソン)とアラミス(ルーク・エヴァンス)が出てきて、ふむふむこの3人が三銃士ってわけですな、3人で行動するんだね〜、などと思っていましたら、ダルタニアン(ローガン・ラーマン)も出てきて、あれえ、ってなりました。いや、わたしが悪いの、それは。「三銃士」知らない人もいるよということです。


って書いておいてから自分のブログの「歴史劇」カテゴリ見たら、むかーし「仮面の男」見たことあって(投稿日が2005年になっているけれど、見たの自体はもっと前)なんというか、映画を見て学んだはずのこととかぜんぶ忘れとるじゃないですか…。「仮面の男」今度見返してみます…。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
良くも悪くも実に健全なアクション映画です。史実は無視なので、コスプレ映画と思って見るのがちょうどいいかんじよ。みんなかっこいいわよ。
1
おじいちゃん映画
記事検索

現在934件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM