漫画原作実写映画を徹夜で見てみたよ(3)

タイトルから「少女」が取れました。まあいろいろ理由はあって、ひとつにはNetflixで見られる少女漫画原作実写青春恋愛映画に限界が来たことです。少女漫画原作実写青春恋愛映画については今後もなんとかして見ていきます。ともかく、漫画原作縛りです。すべて原作未読、ネタバレしています。ネタバレ前の注意書きはありません。今回は徹夜しています。そこ大事?でもタイトルに入れちゃったからさ。いちおう書いとかないとね。

黒執事監督:大谷健太郎、さとうけいいち/2013年/日本


漫画版を元にしたスピンオフ的な何かと捉えれば良いのではないか


キャストは、水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月など。選んだ理由は、アニメや漫画の存在を知っていたから。

あらすじ:やばい取引があるらしいからなんとかする。

やばい薬があって、それの取引があるから、潜入捜査みたいなことをして、なんとかする。みたいな話。なんでこんなふんわりした書き方になったかというと、表向きの悪役である伊武雅刀のやりたいことがいまいちわからないからだ。人間をミイラ化出来るすげーやばいドラッグ作った(わかる)、ちょいちょい使ってみる(わかる)、偉い人とかを呼んでパーティーをする(わかる)、偉い人たちにそのミイラ化ドラッグを盛る(わからない、彼らにドラッグ売りたいんじゃないのかな?)というかんじ。「お話というものは書く人の知能に寄ってしまう。」と言ったのは、これのこと。

私は漫画を知らないものの、主人公は男の子だと思っていたので、剛力彩芽が男装の令嬢とわかったとき混乱した。あとで名前も設定も違うとわかり、これは原作ファン怒るのではと思っているところ。だが、まったく知らずに見れば全然問題ないと思う。水嶋ヒロ、山本美月のアクションはそれなりに見応えがあった。ツイートにも書いた「映画の体裁」だったので良かったと思うが、邦画に割とありがちな「場がめちゃめちゃ狭い」というのが安っぽくなってしまって残念感ある。最近ずっと学園モノばかり見ていて、学園モノは場が学校に限定されがちなので絵が狭くても気にならないが、こういう映画だと気になってくる。招待状がないと入れないパーティーが、そのへんのクラブイベントレベルというのもどうかな。客層(字幕の漢字全てにルビが要るような低年齢層)に合わせたか、というのは優しすぎる見方か。
と、いろいろと思うが、全体的には悪くはなかった。「映画」だった。

photo
黒執事 DVDスタンダード・エディション
エイベックス・ピクチャーズ 2014-06-04

by G-Tools , 2017/09/03

少女漫画原作実写映画を徹夜で見てみたよ(2)

少女漫画原作実写映画を徹夜で見てみたよの続きです、記録です。すべて原作未読、ネタバレしています。ネタバレ前の注意書きはありません。エントリのタイトルは前と揃えるために徹夜と書いていますが、今回は徹夜していません。前回よりも本数は少ないものの、ここでいったんアップすることにしました。

少女漫画原作実写青春恋愛映画リストを作りました。アニメ・漫画の実写映画化作品一覧 - Wikipediaから、少女漫画原作と思われるものを抜き出しています。間違い・おすすめ・地雷などあったら教えてください。地雷も踏みたい。これらをやっつけていくつもりでいます。劇場へ行くのはまだハードルが高いため、NetflixかWOWOWかAmazonか、それでも無理ならこれのためだけにTSUTAYAと契約するか、というところです。どうするんだろう。

高校デビューHigh School Debut/監督:英勉/2011年/日本


演出がすべりすぎていて撃沈


キャストは、溝端淳平、大野いと、菅田将暉、逢沢りな、古川雄輝など。選んだ理由は、あらすじで面白そうと思ったから。

あらすじ:モテそうな先輩にモテコーチを頼む。

若干書き間違いで、監督は『ハンサム★スーツ』(2008年)の英勉、脚本が『勇者ヨシヒコ』などの福田雄一である。
ストーリーやキャラクター設定などには特に問題のあるものではないのだが、とにかく演出がふざけすぎていて、途中でやめようかと思った。後半良くなるかもしれないから、がんばった。がんばった結果、私はこうして文句を書いている。仲がいいのかもしれないが芸人ばっかり出すから気が散っちゃうし、大野いとは「どすこい!」ってかんじの可愛くない演技で妙な迫力があるし。なんか、ばかにしているのかな?と思った。これはきつい。

ちなみに『ハンサム★スーツ』見たことがなかったので、見てみた。これは小説原作映画だからノーカウントです。感想としては、思っていたほどルッキズム全開ではないので見られたのだがラストがぶち壊しにひどいのと、演出はやっぱりテレビ的で見づらい、芸人出しすぎ。というところ。

少女漫画原作実写映画を徹夜で見てみたよ

先日『オオカミ少女と黒王子』を見てから、「少女漫画原作実写映画って面白い!いろいろ見てみたい!」となり、Netflixであれこれ漁って見てみました。記録です。すべて原作未読、ネタバレしています。ネタバレ前の注意書きはありません。

私はけなすために見たわけでなく、楽しむために見ました。そうでなければ14時間ちかくも費やさないよ。でも、けなしている部分もあります、それはしょうがないです。さてさて。

脳内ポイズンベリーPoison Berry in My Brain/監督:佐藤祐市/2015年/日本


神木力のすごさ!


キャストは、真木よう子、西島秀俊、神木隆之介、吉田羊、古川雄輝、成河など。 選んだ理由は、ポスターなどで存在を知っていたから。

あらすじ:脳内会議で大変だ。

主人公が年下男子を好きな理由がまったくわからず(1度だけ飲み会で会ったがほとんど喋らなかった相手・早乙女と偶然駅で再会し声をかけ、家までついていくというのが始まり)、年下男子には軽くモラルハラスメント的な部分もあるため、そんな相手に執着するくらいなら、自分を好いてくれる大人な編集さん(主人公は処女小説の出版をするところで、担当編集・越智さんから言い寄られている)の方に行ったら良いじゃないかと強く思っていた。越智さんのセリフ「そこに居て下さい、告白しに行くので」はとても良いと思う。

最も素晴らしかったのは神木隆之介だ。主人公の脳内でポジティブな役割を担っているのだが、まーこれがもう、いちいち可愛らしい。神木力(りょく)としか言いようのない圧倒的な力。神木隆之介はすごい。天才じゃなかろうか。神木隆之介だけで映画が持っている。すべてを支える神木きゅんである。

オオカミ少女と黒王子/モラルハラスメントと疑似恋愛

オオカミ少女と黒王子監督:廣木隆一/2016年/日本


日下部くんにしなよー!


チャンネルNECOか、日本映画専門チャンネルのどちらかで鑑賞。原作は未読、アニメも見たことはありません。普段こういう映画は見ないので、新鮮で面白かったです。クラスの女子グループの言葉遣いが乱暴すぎて何を言っているのかわからず、最初のあたりは字幕を出してしまいました。しばらくすると彼女らは空気になっていくので字幕なしでも見られました。

あらすじ:彼氏のふりをしてもらう。

ネタバレしています。

おすすめ
ポイント
意外にというと悪いかもしれないが、意外に面白かったです。展開早いし。日下部くんがいいよ、日下部くん。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦/女が! カッコいいです!

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦THE NEXT GENERATION -PATLABOR-/監督:押井守/2015年/日本


押井守もパトレイバーも全く知らないわたしが見てみたよ。


完成披露試写会で鑑賞。TOHOシネマズ日本橋 スクリーン8、D14で鑑賞。公開は5/1です。
押井守監督登壇予定でしたが、事情により中止となり、かわりにプロデューサーの方が少し説明してくれました。そこで初めて、続編だということを知りました。わー。

前提として、わたしは「機動警察パトレイバー」について、原作、アニメなどをまったく知りません。また押井守監督作品は「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」しか見ておりません。
ですから、本当に全く何も知らない人が見たらこういう風に思ったよ、くらいの感じで、優しく見守って頂きたく、お願い致します。こうなったらいっそ、なんにも調べずに感想書こうと思います。手元にパンフレットありますがキャストの名前確認しかしていません。

あらすじ:レインボーブリッジ、爆破されました!

後藤田さん(筧利夫)たちが熱海で遊んでたらレインボーブリッジが爆破されて大騒ぎになりました。

※ストーリー上のネタバレはありません。
バトルシーンについてのネタバレはあります。ネタバレ前には注意書きをしています。

おすすめ
ポイント
太田莉菜めちゃめちゃかわいくてかっこよかった。森カンナもすごい良かったです。
おじいちゃん映画
記事検索

現在934件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM